弁護士の選び方

交通事故の被害者になってしまった場合、加害者に対して怪我の治療費や休業補償、慰謝料などを請求することになります。ただし、加害者本人がその交渉にあたることはまずありません。多くの場合、加害者が加入している保険会社の担当者が交渉窓口になります。保険会社の担当者は、日常的に事故処理業務をこなしていますし、補償に関する豊富な専門知識を有しています。

それに対して、被害者の方は全くの素人であるケースが少なくありません。 被害者自身が補償交渉にあたっても、海千山千の保険会社の担当者にうまく言いくるめられてしまう可能性が高いです。そのような場合は、法律や交渉事のプロである弁護士を利用するのが一番です。弁護士を利用すれば、自分が表に出る必要がなくなりますので、怪我の治療に専念することができるようになります。

ただし、弁護士の選び方には注意をする必要があります。選び方を間違ってしまうと、十分な事故補償を受けられなくなってしまう可能性が出てきます。 交通事故問題を専門に取り扱っている弁護士が大勢いますが、加害者・被害者双方の代理人になっている人ではなく、被害者の代理人だけを引き受けている人を選ぶようにした方がよいです。

常に被害者の立場に寄り添った形で活動している人に代理人になってもらう方が、有利な結果を導き出せる可能性が高くなります。交通事故に遭ったせいで、その後の人生が大きく変わってしまうケースもありますので、損害の補償はしっかりとやってもらう必要があります。

関連サイト
交通事故慰謝料の相場

【弁護士費用の最新記事】